よくあるご質問

Q1.スーパー次亜水とは何ですか?
A1.水中に含まれる次亜塩素酸の除菌作用を最大限に利用した水で、pHを人の肌と同様の弱酸性に調整されたものです。(pH4.0~7.5)
質問に戻る
Q2.スーパー次亜水の特徴は?
A2.低濃度にもかかわらず、除菌・消臭力が強い。
残留性が無く安全。次亜塩素酸ナトリウムと比べると対象物に臭いが付着しない。噴霧による空間除菌消臭が可能。薬剤と比べランニングコストが安い(約1円/L 機種により変動します)※生成装置導入時
用途、対象を選ばず幅広い分野で、且つ水感覚で使用できる。など次世代の除菌消臭水として注目されています。
質問に戻る
Q3.pHが弱酸性だと何が良いのですか?
A3.図のように、pHが低いと水中の遊離残留塩素がガス化してしまい、成分が安定しないと同時に高濃度では危険となります。一方、pHが高いとイオン化してしまい、除菌力が極端に落ちてしまいます。
pH値
質問に戻る
Q4.残留性はあるのですか?
A4.界面活性剤等と比較して極めて少ない。スーパー次亜水は有機物に触れると失活化します。
質問に戻る
Q5.次亜塩素酸ソーダとの違いは?
A5.次亜塩素酸ナトリウムはpHがアルカリ性なので、除菌の主体となるHOClがわずかしか含まれず、ほとんどが除菌力の弱いClO-(除菌力はHOClの80分の1)です。そのため除菌力が弱く、高濃度で用いるか、時間をかける必要があり結果として強い金属腐食性が生じたり、臭いが残ったりしてしまいます。
質問に戻る
Q6.強酸性水との違いは?
A6.食塩水を電気分解して生成する強酸性水は、pHが低いため塩素ガスが生じて危険ですし、微量の有機物によって効果が低下してしまいます。また強酸性水は、保存が出来ませんし、強い金属腐食性を有します。
質問に戻る
Q7.スーパー次亜水の除菌メカニズムは?
A7.非選択性の除菌水のため、耐性菌を作らず、除菌が難しいといわれる芽胞菌までも除菌します。
質問に戻る
Q8.スーパー次亜水の生成方法は?
A8.以前は電気分解方式で生成していましたが、新たに食添の塩酸と、食添の次亜塩素酸ナトリウムを混合して水で希釈する方式が開発されました。
これにより、ランニングコストが非常に安くなるとともに、従来次亜塩素酸ナトリウムを希釈する際に生じていた希釈ミスも無くなります。
質問に戻る
Q9.除菌能力について
A9.大腸菌、MRSA、化膿レンサ球菌、カンジダ、黄色ブドウ球菌、サルモネラ、枯草菌(芽胞菌)、黒コウジカビ(糸状真菌)等で除菌効果が確認されています。スーパー次亜水は幅広い菌に対して効果的に除菌します。
除菌効果
質問に戻る
Q10.有機物存在下での除菌効果 について
A10.スーパー次亜水は強酸性水と比べ10倍も有機物に対して強い性質があります。
質問に戻る
Q11.ウイルスへの効果について
A11.単純ヘルペス、インフルエンザウイルス、コクサッキーウイルス、エコーウイルス、エンテロウイルスで優れた結果 が出ています。スーパー次亜水はウイルスに対しても有効です。
質問に戻る
Q12.間違って飲んでも大丈夫?
A12.誤って少量飲んでも、皮膚や目に入っても水道水ですすげば大丈夫です。
質問に戻る
Q13.発ガン性はないの?
A13.発ガン性や細胞への影響については、安全が確認されています。
質問に戻る
Q14.生成能力は?
A14.600・1000・2000㍑/時と使用量に応じての機種がございます。
質問に戻る
Q15.設置方法は?
A15.スーパー次亜水生成装置から専用配管を設備し、必要な場所へ専用蛇口を取り付け、水道水と同様の感覚でスーパー次亜水を使用することができます。
質問に戻る
Q16.利用上の注意事項はありますか?
A16.強酸性水よりも有機物には強いのですが、それでも有機物に触れると除菌能力が無くなる性質を持っていますので、汚れは必ず落としてからスーパー次亜水で洗って下さい。
また保管するときには日光に当てないようにして下さい。
質問に戻る
Q17.腐食(サビ)はどうですか?
A17.銅や鉄、ホーローなどは、強酸性水や次亜塩素酸ナトリウムに比べるとはるかに腐食性は少ないのですが、それでも腐食させてしまいます。
除菌等でスーパー次亜水を用いる場合には10分以上は浸漬させないで下さい。また、スーパー次亜水を付着したまま放置すると、サビの原因になりますので、水で洗い流すか、ペーパータオル等で拭き取って下さい。
尚、シンク等に使われているステンレスは通常の使用においては腐食しませんが、スーパー次亜水を溜めて放置したり、スーパー次亜水の水滴を付けたままにはしないで下さい。
質問に戻る
Q18.食材にも使えますか?
A18.食添である次亜塩素酸ソーダと、食添である塩酸を単に混合希釈するだけなので、食材に用いることができます。
質問に戻る
Q19.ランニングコストは?
A19.1L当たり、約1円です。(濃度50ppmの場合)院内などで使われている各種消毒剤と比べると驚くほどの安価ですみます。※生成装置導入時(2000SME)
質問に戻る
Q20.清掃時にはどのようにして使うのですか?
A20.一般の水で清掃されていた時と同様にお使い下さい。バケツ等に入れて、雑巾やモップで床やテーブル、ドアノブ等を拭きます。
質問に戻る
Q21.手荒れはしますか?
A21.スーパー次亜水は強力な除菌力を持ちながらも肌に優しいのが特徴です。尚、厨房などで長時間素手で使用される場合は手袋をはめて下さい。
質問に戻る
Q22.ノロウイルスに効果はありますか?
A22.スーパー次亜水は次亜塩素酸ナトリウムを希釈させたものと同様な効果が得られます。従いまして、ノロウイルスに対しても有効です。
質問に戻る